おカネであそぼ

お金のために、お金を使って、お金で遊ぼ

貯金に利息がつかないなら、トルコリラを買えばいい

貯金してもほとんど金利がつかないことは最近では常識になっているように思う。普通の銀行の普通預金金利は0.001%とかで、もはやppm表示にしたほうが良いのではないかという水準にある。ATM手数料を払っていたら、実質的にはマイナス金利になっているといってもいい。ちなみに、ATM手数料100円を利息でもらうために1000万円の元本を一年預ける必要がある。

貯金をしていても利息がつかなくて無駄ならば、外国通貨を買えばいい。世界は広く、金利の高い通貨はいくらでもあるのだから。なので、投資の待機資金100万円をFXの口座に回しトルコリラ投資を始めることにした。分散の効果があるのかどうかは不明だが、同じく高金利通貨の南アフリカランドも同時に投資対象とすることにした。

2017/7/7時点での利率を計算してみる。トルコリラは1リラ31.5円で、LION FXでは1日に買いスワップが1万通貨につき105円もらえる。投資額31万5千円でスワップ額1年の合計が105円×365日=3万8325円となり、利率は12.2%にもなる。南アフリカランドで同様の計算をすると、投資額8万5千円、1年間のスワップ額5475円、利率6.4%となる。トルコリラの利率がいかにいいかが分かる。

この投資を始めたのが6/6で1か月が経過したが、スワップの合計が9057円となっている。投下資本が100万円レバレッジ1倍で、このままいけば年利で10%を超える運用になりそうだ。新興国通貨なので通貨価値の下落はありうるが、この点についてはそれほど気にしていない。

トルコリラの価値が下落すれば、円ベースで見た時は含み損になる。ただ、1万トルコリラが8000トルコリラになったりすることはなく、1万トルコリラは1万トルコリラである続ける。視点を変えれば元本保証の投資対象とも考えられる。

しばらくはトルコリラであそぼう。今度の更新はトルコリラが暴落したときか。

 

バリュー株投資 300万円おかわり

バリュー株投資を始めてから半年以上が経過した。資産が急増するようなことはないが、日経平均が下落した時でも安心して株価を確認でき、かなり気に入っている。そこでタイトル通り、バリュー株投資に追加で300万円を使うことにした。150万円で始めた投資だが、150万円→300万円→600万円と投資額を増やすことになった。

投資の状況としては、持ち株の含み益が約20万円、確定利益が約8万円、配当が約2万円で、合わせて30万円の利益となっている。元本が600万円なので単純計算で上昇率は5%、ただ300万円増資したのは最近なのでこれを考慮に入れないと、元本300万円で上昇率は10%となる。

この間の日経平均の変化は18891円(2017/1/23)→19929円(2017/7/7)で、上昇率は5.5%となっている。バリュー株投資は上述の上昇率を考えてみても、日経平均を少し上回っている感じを受けている。感じと書いているのは、増資をしているので日経平均と単純比較が出来ないためである。ただ、バリュー株投資は投資額と同額ヘッジをしてこの結果であるので充分に満足できる結果である。

現在投資している銘柄は14銘柄、投資方法は初期から変えておらず、既定のルールでスクリーニングし、業種を分散し銘柄を選んでいる。300万円までは投資銘柄は10銘柄だったが、600万円に増資したところで14銘柄になった。

個別の銘柄についても少し触れておく。まず、今の含み益の半分を占めるのは東邦アセチレンで上昇率は50%となっている。前回更新時に30%上昇と書いたが、そこからさらに上昇が続いている。利益確定するか、継続保有するか悩ましい。それから、損切をした銘柄が日神不動産。業績の減益予想が発表されるとPERでの割安感が薄れてしまった。投資基準に外れた訳ではなかったので継続保有していたが、上昇期待を感じられなくなってしまったので売却した。銘柄を新規購入する場合には、業績予想が発表されてすぐであることをしっかり確認したほうが良い。残りの銘柄は-1%~15%くらいの利益率になっている。

バリュー株投資を続けていて、よく感じるのは利益をもたらすのは一部のスター銘柄で、残りの銘柄はぱっとしないということ。投資銘柄数を増やせば、スター銘柄をつかむ可能性を増えるが、スター銘柄への投資比率は減ってしまう。集中投資して1銘柄への投資比率を増やせば、スター銘柄をつかむ可能性は減る。どちらがいいかの判断は難しい。

 

おつり投資 マメタスとかトラノコとか

おつり投資というサービスがほぼ同時期に2つ開始されました。一方は、ロボアドバイザー投資とかいうのをしているWealthNaviという会社のマメタス、もう一方はよく分からないTORANOTECという会社のトラノコ。

そもそも、おつり投資というのはクレジットカードで支払った時の端数分を投資にまわす投資です。例えば、198円の支払いをした場合に、支払額を100円単位に設定していれば2円が投資され、1000円単位に設定していれば、802円が投資されます。

この投資法の利点は、金銭的な負担を感じずに自動的に投資ができる点でしょう。おつりの小銭を貯金箱に入れていったら、意外に貯まっていたという感覚です。おつり投資の場合は、実際には引き落としになるでしょうからおつり貯金と同じ感覚になるかはわかりませんが。

マメタスとトラノコのホームページでサービス概要を見てみました。マメタスの方はホームページに詳しい説明がなく、よく分かりませんでしたが、トラノコの方は詳しく書かれていました。よく読んでみると、なかなか恐ろしいサービスです。

"おつり"投資ですから、毎月の投資額は多くても数千円程度でしょう(3000円と仮定)。それに対してトラノコの利用料は月300円です。そう考えると、投資額の10%を取られることになります。投資額6000円で5%、1万円で3%。おつり投資するために、投資額の数%をふんだくられていたら投資になりません。

私は信託報酬が1%以上の投資信託は絶対に買いません。それを超える手数料をとられるトラノコはちょっと利用する気にはなりません。というか誰にもおすすめできるものではないかと思います。これを利用するなら、ニッセイインデックスとかを少額で積み立て投資するほうが合理的でしょう。

おつり投資は面白いサービスだと期待していただけに残念です。マメタスの方はホームページに詳しく情報が書かれるようになったらまた見てみます。

 

ストップ高銘柄を2つ、捕まえたことがあるか

投資を始めて以来初めて、自分の所有株のうち二銘柄がストップ高になった。一つはバリュー株投資として投資し始めた東邦アセチレン。東証二部から一部への昇格が決まったらしくストップ高となった。もうひとつはNISA口座で投資しているサイバーリンクス。ドコモとの提携というニュースを受けてストップ高になった。今までも所有株がストップ高になったことはあるが、二銘柄同時ということはなかった。気分がいいね。

さて、本題のバリュー株投資の話に入ろう。今年に入ってから始めたバリュー株投資だが、個人的にけっこう気に入っていて、手ごたえを感じている。そこで、これまでの投資額150万円に加え、そこに150万円上乗せして投資額を300万円に増資した。これに合わせて、投資銘柄を五銘柄から十銘柄に増やした。銘柄の選定方法は変わらず、バリュー条件でスクリーニングし、業種のかぶらない銘柄を選んでいる。

そして、今週になってバリュー株投資を始めて以来初めての利確取引をおこなった。一つは八千代工業で、上昇率が17%程度。もう一つは岡山県貨物運送で上昇率は25%程度。どちらも直近最高値では上昇率40%位まで達していたので、利益確定の売りが遅きに失した感じは否めない。また、売却ルールの明確化はやはり急務であると感じた。

ただ、今回の2つの銘柄への投資によって売却ルールは目途をつけることができた。やはり30%の上昇が一つのポイントになると思う。30%の株価上昇によって利確銘柄としてのフラグを立て、上昇率が25%を切った場合、または直近高値からの7%程度の下落を確認したところで売却する、くらいのルールにしようと思う。がちがちにこのルールを適用することはしないが、大きく逸脱もしない緩いルールとして適用していこうと思う。直近では、東邦アセチレンがすでに上昇率が30%を超えているので、利益確定のタイミングを逃さないように気をつけたい。

気が向いたときにまた報告記事を書きたい。また、投資銘柄もまとめて公開できるようにしたいと思っている。ただ、それをまとめるのはなかなか面倒くさいとも思っている。

 

下落相場時にバリュー株投資はどうなったか。

バリュー株投資を始めて三か月弱が過ぎた。始めてからずっと上昇相場が続いていたが、いよいよ下落相場を迎えた。その間、バリュー株投資の結果はどうなったか。

4/15基準で含み益が7万円となっている。150万円基準での上昇率は4.67%。前回更新時の3/4の時点では、含み益が9万2千円だったので少し下落している。投資開始時からの日経平均の変化は18891(1/23)→18336(4/15)となっており、下落率は2.94%。日経平均の下落に比べれば、含み益の減少は少なくすんでいる気もする。

気付いたことをまた何点か書いていこうと思う。

今回の更新時には含み益が7万円まで減少してしまったが、一時期は20万円近くまで上昇していた。下落相場に入ると含み益がどんどん減っていってしまった。このことから、利益確定の売りは必要だと思った。その基準をいくらに設定するかは難しいところだが、今回の実績からすると上昇率が30%を超えたら一度利確をするようにしようと思う。

ヘッジとして購入している日経平均TOPIXのベアETFだが、現在含み益になっている。しっかりとクッション材の役割を果たしてくれている。それでも充分下落してしまっているが、それはまあ仕方がない。

あと、配当落ち後のベアの値動きについて、日経平均は配当落ち分だけ下がるのだけど、ベアETFはそれに合わせて上昇するのではなく、逆に下落してしまった。この影響かどうか分からないが、日経平均の下落率2.94%に対して、日経平均ダブルインバースの上昇率は4.14%に留まっている。

下落相場がしばらく続いていきそうな環境だが、バリュー株投資がどうなっていくのか観察を続けていく。

 

バリュー株(低PER, 低PBR, 高配当)投資の状況

バリュー株投資を始めて約1か月が過ぎた。今の状況をまとめておこうと思う。

銘柄は低PER、低PBR、高ROA、高配当の銘柄をスクリーニングで抽出することによって選択した。突発的な要因で各指数が異常値になっていないかを確認して、問題がなければPERが低いものを選んだ。ただし、業種の偏りをなくすため同じような業種の銘柄は飛ばした。

投資額は総額150万円で、100万円でバリュー株5銘柄均等に約20万円ずつ購入し、残りの50万円でTOPIXダブルインバースと日経平均ダブルインバースを均等な割合で購入する。

取引が1/23開始、3/4の終値基準で9万2千円の含み益となっている。150万円基準で上昇率は約6%。日経平均は18891円→19469円(上昇額578円、上昇率3%)。相場全体の下落のヘッジもしたうえで、日経平均の上昇率を上回ったのは上々の結果ではなかろうか。

個別の銘柄の状況を見ると、上昇率のトップは八千代工業で35.5%と断トツ。全体の収益がほぼこの銘柄に集中しているので安定感があるとはいえない。常にこんなふうにスター銘柄が出てきてくれればいいが。

唯一マイナス圏にあるのが高橋カーテンウォールで下落率1.22%。原因を調べると業績予想が相当悪かったらしい。その業績予想基準だとPERが割安水準ではないので、銘柄の入れ替えが必要かもしれない。

日経平均TOPIXのダブルインバースは、相場全体が好調であったため、下落率が約6%。日経平均の上昇率の約2倍の下落率になっているので、想定通りの値動きをしてくれているらしい。

ここからはこの投資法をやってみての感想だが、相場が下落しているときでもヘッジの銘柄を持っていることから安心して株価の確認ができた。総資産額はむしろ、日経平均が下落したときのほうが増えることが多かった気がする。低PER銘柄は値動きが小さいことが理由だろう。

また、今の投資法はダブルインバースの銘柄で購入額と同額のヘッジをかけているが、バリュー株の値動きが小さいことを考えると、ヘッジ取引の金額を少し減らしてもいいかもしれないと思った。ただし、相場全体が好調な今だからそう思うだけかもしれないのでこれからの値動きを見て確認を続けていきたい。

以上、バリュー株投資のまとめでした。これからも引き続き、途中経過を報告していく。

 

 

バリュー株投資を始めてみる

バリュー株投資を始めることにした。バリュー株投資を始めるというタイトルだけど、株投資は昔からやってきた。今回はバリュー株投資の有効性を確認するために投資ルールを決めてなるべく機械的に売買する。

 

ルールは以下の通り。

①PER10以下、PBR1以下、配当利回り2%以上の銘柄に投資する。

②①の条件を満たさなくなった時に売却する。

③損切はしない。

④株価変動のヘッジとして、ベアのETFを同時に購入する。

⑤投資額は150万円。

 

とりあえず、これくらいのルールを決めてみた。詳細のルールは実践の中で追加していこうかと思う。ルールの意味を軽く補足する。

①は単なる条件だから深い意味はない。ただ、指標の計算にどの数値を利用するかで値がかなり変わってくる。実績と予想でかなり差がある。今回は予想値を使う。特別利益とかでPERが異常に低くなっている銘柄とかは除外する。

④ヘッジでベアのETFを購入するルールも決めといた。今の株価水準(日経平均1万9137円)がそこそこ高いと思っているので、買い向かうのは怖い。日経平均ダブルインバースとかを買って、市場の暴落に備える。買った株と同じくらい買っておけば、日々の株価変動の影響は軽減され、バリュー投資効果のみが見える。そんなふうになったらいいなと思う。

動きがあったら、また新しい記事を書きます。