おカネであそぼ

お金のために、お金を使って、お金で遊ぼ

ストップ高銘柄を2つ、捕まえたことがあるか

投資を始めて以来初めて、自分の所有株のうち二銘柄がストップ高になった。一つはバリュー株投資として投資し始めた東邦アセチレン。東証二部から一部への昇格が決まったらしくストップ高となった。もうひとつはNISA口座で投資しているサイバーリンクス。ドコモとの提携というニュースを受けてストップ高になった。今までも所有株がストップ高になったことはあるが、二銘柄同時ということはなかった。気分がいいね。

さて、本題のバリュー株投資の話に入ろう。今年に入ってから始めたバリュー株投資だが、個人的にけっこう気に入っていて、手ごたえを感じている。そこで、これまでの投資額150万円に加え、そこに150万円上乗せして投資額を300万円に増資した。これに合わせて、投資銘柄を五銘柄から十銘柄に増やした。銘柄の選定方法は変わらず、バリュー条件でスクリーニングし、業種のかぶらない銘柄を選んでいる。

そして、今週になってバリュー株投資を始めて以来初めての利確取引をおこなった。一つは八千代工業で、上昇率が17%程度。もう一つは岡山県貨物運送で上昇率は25%程度。どちらも直近最高値では上昇率40%位まで達していたので、利益確定の売りが遅きに失した感じは否めない。また、売却ルールの明確化はやはり急務であると感じた。

ただ、今回の2つの銘柄への投資によって売却ルールは目途をつけることができた。やはり30%の上昇が一つのポイントになると思う。30%の株価上昇によって利確銘柄としてのフラグを立て、上昇率が25%を切った場合、または直近高値からの7%程度の下落を確認したところで売却する、くらいのルールにしようと思う。がちがちにこのルールを適用することはしないが、大きく逸脱もしない緩いルールとして適用していこうと思う。直近では、東邦アセチレンがすでに上昇率が30%を超えているので、利益確定のタイミングを逃さないように気をつけたい。

気が向いたときにまた報告記事を書きたい。また、投資銘柄もまとめて公開できるようにしたいと思っている。ただ、それをまとめるのはなかなか面倒くさいとも思っている。